とりわけ身近な有志、献血をめぐってみよう!

常々、有志を意識していらっしゃる第三者はあまりいないのではないかと思いますが、献血もその一つです。献血というと抵抗があるかもしれませんが、某ターミナルビルの中には献血部屋があり、休館お天道様という年末年始以外受け付けているので思い立った時に気軽にできますよ。ほんとに、献血始めるにあたっての自体認証、ヒヤリング結論、医師による問診や血圧計測のち、採血を通して献血可能かどうか判断されます。献血には血インナーのすべての種を採血する「全血液献血」と、特定の種だけを採血し赤血球は体内に返す「種献血」があります。種献血のほうが健康への気がかりが少ないのですが、全血液献血に比べると所要時間が長くなります。種献血は、TV・DVD見学可リクライニングベッドで受けるのでおいおい受けることができます。また、待ち時間や献血時分の水分補完に過ごせるゆとりがあって、紙カップの自販機や間食、戯画、読み物などが置いてあり無料で利用でき、暇を有効に過ごせます。献血後は、次回献血オッケーお天道様が印字されたカードを発行してもらい、思い出を取り、休憩してしめだ。そうしてその後、診察結果がお家に届きます。普段の身の回りでは、見ず知らずの人のためになることなど何やらできませんが、ときにはこんなふうに誰かのためになることをするのも嬉しいものですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする