30代以下になって何とか受けた乳癌検診

どんどん、やらなきゃとしていたものの胆力が出ず、一際怖くて避けてきた乳癌検診。此度、会社でピンクリボンアクションを通していたため遠ざける事が出来なかった事がきっかけで初めての乳癌検診を受ける時になりました。昨今、妊活をしているので子宮頚がんの検診は敢然と受けてきましたが、なぜが乳癌検診は避けていました。自分で、測定もできるのにそれも怖くて出来ずに今までは過ごしてきました。マンモグラフィーはとても痛いって周りの知り合いから聞いていたのて、エコーにしました。健在見立てのオプションとしてエコーを追加して、ついに検診のお日様が来ました。内科検診、胸部レントゲン、採血、コンディション、視力、身長、ウエイト、ずっとこなして最後にエコーでした。検診の後は仲良しという食事の宣誓を通していたので、今日は何を食べようかなぁ…って、のんきな事を考えながら呼ばれるのを待ち受けました。なんとか呼ばれて、胸に温かいジェルをたこ焼きの上にマヨネーズを、掛けるような感じでかけられてからエコーが始まりました。生理だったので、母乳がなかなか張っていておんなじ地点をグリグリされるととっても痛かっただ。そうして、一部分集中してグリグリをチェックしているところがあり、音色もピピっとなっていたのでモニターをみたら何か丸っこいものが映っていました。何かあるんですか?と、聞いたら、ほんのりね…という、意図深に言われました。診察が終わってからずっとググッたり仲良しに聞いたり、怖くて怖くてたまりませんでした。たまたま、嚢胞でした。此度ついに受けましたが、これからは年々敢然と受けようと思います。心から肝だと痛感しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする